Colorful Life

色を味方に、楽しく生きる。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフレッシュ休暇@石垣島〜その?

パイナップルの収穫期とあって、朝食バイキングで供されるパインが激ウマなのだった。 たとえが稚拙なのだが、缶詰パインより甘いんじゃないかというほど甘酸っぱくてジューシーで。。。 お皿に山盛りいただく。そういえば郵便局でも盛大にパインの地方発送承りコーナーを展開していたが、たしかにこれは本土ではいただけないお味であろう。 最終日の午前中はツアーの特典その4のバス島内観光。 大型バスは女性グループばかり、総勢7名で出発。途中、BEGIN比嘉さんの実家の民宿やら、具志堅さんの立派な実家を通過して、東シナ海のマングローブ林やらパイン畑やらをご紹介いただきながら川平湾をめざす。 街は曇りだったけど、南にいくにつれて天気がどんどんよくなっていき、川平湾に着くころにはこれこそ南の島の夏!って感じのギラギラ太陽がおでまし。サングラスと帽子登場。 川平湾は石垣随一の絶景スポットである。 海水浴場はないのだが、グラスボートの船がたくさん出ている。さっそく乗船。 砂浜から出発して沖へ。海はまさにエメラルドグリーンで、空には白い雲がするすると流れ、湾内にぽこぽこと浮かぶ小島の濃いグリーンとのコントラストが実に実に美しい景色を作り出している。 海の透明度も最高で、グラスボートがサンゴのポイントに着くと青や茶色のサンゴと合間を泳ぐお魚さんたちがよく見える。きれいきれい。 DSCF1275.jpg
DSCF1306.jpg
DSCF1294.jpg
30分きれいな海を堪能して、再びバスへ。 東シナ海を臨む道路沿いには、最近できたという部落があって、新しくておしゃれなお家がたくさん建っている。本土の人の別荘とか、移り住んできた人のお家ということだ。半数近くが「cafe」の看板を出していて、手作りアクセサリーとか一緒に売ってたりする。ドライブ中の観光客向けということなんだろうが、商売成り立つのかなあ。夏場なら繁盛するのかなあ。 途中で天然記念物のヤエヤマヤシ群生を見学。 DSCF1309.jpg
ここと西表にしかない大変希少なヤシなのだそう。 石垣島の地図をみると、真ん中よりやや南のところで島がぐぐっと細くなっているところがある。太平洋と東シナ海が目と鼻の先ほどに接近している。 太平洋側の玉取展望台から見たそこの部分。 DSCF1312.jpg
左側の海は見えないのだが、左に映っている建物のすぐ前が海なので、本当に近い。 玉取展望台からは太平洋の雄大な景色が広がっている。 展望台を後にし、一路空港へ向かう。 途中には建設中の新石垣空港も見える。そういえばどこに造るかでえらくもめてた空港だ。今の石垣空港は滑走路が1500メートルしかなくて、着陸時は急ブレーキを踏まねばならず、燃料を満タンにすると離陸できないので羽田への直行便も那覇での燃料補給を余儀なくされるとのこと。新空港はちゃんと2000メートルの滑走路ができるので、着陸も安心安全。直行便も増えるだろう。 でも八重山の自然の一部は破壊されていくんだよな。悩ましい問題だよな。 バス内ではガイドさんが三線の弾き語りを披露してくれたり、三板(さんば)という打楽器にチャレンジしたりして楽しく過ごし、あっという間に小さな石垣空港へ。 ガイドさんにお別れし、ターミナルで軽くお昼を食べて最後のお土産を買って、機内へ。短い滑走路から軽々と飛び立って那覇空港で乗り継いで、夕方6時には羽田に帰還。 蒲田に止まらなくなった快特をゲットできたのでさくさくと帰宅。 4日間のリフレッシュ休暇はまあ無事に終了となった。 はたしてリフレッシュできたのかというと微妙だったりもするのだが、お天気は1勝1敗2分ということで梅雨時期にしてはまあまあだし、川平湾でお天気がよかったのがなによりだった。 やっぱり沖縄は何度いってもよいところだ。 次はいつになるかな。

AUTHOR: buy paper EMAIL: ooowhity@gmail.com URL: http://www.supremeessays.com IP: 91.201.66.6 DATE: 01/19/2011 10:01:53 PM If you’re disappointed and don’t really know how to accomplish the lab report writing, you will have a possibility to buy essays at the modern writing service. It could really save your valuable time.
スポンサーサイト

Comment

 

Perfect high school students can compose the essay of great quality. Nonetheless, very often they are pressured for time for such stuff. Then they will have to order social issues essays, which is really clever solution for hard working students.

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Author:keco0327
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。