Colorful Life

色を味方に、楽しく生きる。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベッジ パードン」観ました

2週間くらい経っちゃったな。 三谷幸喜生誕50年記念シリーズ。 絶対観たいと思って、世田谷パブリックシアターの会員になって 先行予約に備えてたのに、 震災のあとメルマガ自粛してたみたいで 気づかなかいうちに先行終わってたっていう。。。 でも追加補助席発売は見逃さず、 なんとか確保して、行ってきました。 萬斎さんだもん。行かないわけにはいかないでしょ。 あ、わたしは静かに話す人が好きなんだよね。 だから萬斎さん好きなんだよね。 世田谷パブリックシアターは初。 狂言以外で萬斎さん見るのも初。 共演は、深津っちゃん。浅野和之さん、大泉洋、浦井健治。5人芝居。 補助席だからパイプ椅子かと思ってたら 結構ちゃんとした椅子で、しかも小さい劇場だから一番後ろだったけどかなりよく見える。 ほぼ真ん中だったし、横から見る席よりもよかったかも。 背もたれが硬かったから、途中から背骨が痛かったけど(-.-;) 萬斎さんが夏目漱石役で、ロンドンに留学していたころのお話。 異国でなかなか上手にコミュニケーションがとれずに悩む漱石を中心に、 下宿先でのいろんな人とのやりとりやできごとがつづられていく。 人種差別や言葉の壁やひねくれた嫉妬。でもって、漱石と下宿先の使用人・ベッジとの恋。 萬斎さんは凛として、声を響かせて漱石をかっこよく演じていたけれど、 まあちょっとこの芝居にかんしては浅野さんにぜんぶもってかれちゃった感がね。 だって、ひとりで11役(あとで読んだところ)ですよ! まず下宿のおじさん、その奥さん、その妹、英語の先生、どろぼう、女王様、刑事・・・ほかいろいろ、そして極めつけは犬!! 途中から「4人以外の人が出てくる場合は、ぜんぶ浅野さんがやるんだな」ってみんなが気づいて、後半は新しい登場人物が出てくる気配なだけで笑いが起きるっていう状態に。 最後のほうは早替の連発で、あ、今裏で必死に着替えてるんだろうなあとか思っちゃって、それだけで笑えるんだもん。 とにかく、どの役も完璧にこなす浅野さん、さすがの演技力でした。 大泉洋も、深津っちゃんも、なかなかよかった。 浦井さんっていう人は知らなかったけど、彼もなかなかよかった。 やっぱり三谷さんはコメディがよいね。うん。 しかし、終わったのが10時過ぎ。 休憩あるとはいえ、3時間超えはきつかった。。。椅子もアレだったしねえ。 もうちょっと短くしてほしい。おもしろかったからまあまだいいけど。 立ち見の人もいたけど、かなりしんどいと思うぞ。 あ、あと三茶の駅から劇場までの案内が不親切。 近いけどわかりにくい。 なんとかしなさいよ。

AUTHOR: BarronPatty20 EMAIL: luckyjay78@gmail.com URL: http://www.master-dissertations.com IP: 193.105.210.41 DATE: 07/16/2011 06:07:29 AM We have got nowadays great Internet sources to buy the doctoral thesis and just really good release related to this good post from the professional dissertation service.
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

keco0327

Author:keco0327
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。