FC2ブログ

Colorful Life

色を味方に、楽しく生きる。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大琳派展

昨日は午後オフィスを脱出し、夕方から行きたかった展覧会へ。 『大琳派展』。 名前からしてスゴイ。 大がつくと、何だかついコーフンしてしまうのよ 金曜は夜8時まで開館ということなので、5時くらいに上野駅に。 例によって駅の窓口で前売り買おうと思ったら、すでに閉まってた 国立博物館の平成館までテクテクと歩く。暗い中歩いたことがないので、どこで曲がったらいいのか分からず困惑・・・。夜の公園って暗いのね さすがに入場待ちの列はなく、すんなり中へ入ったけれど、ロッカーが満・・・。 買い物したものがデカいし重いし、辛かった。ロッカー少なすぎだ もちろん音声ガイドを借り、展示室へ。かなり混んでる。 しょっぱなから、「風神雷神図」がお出迎え。 どれも超迫力あって圧倒される。 個人的には宗達のと其一のが好きです。 風神雷神以外にも、国宝が数点。蒔絵の硯箱やら料紙箱やら、フォルムの美しさと螺鈿のきらめきと意匠の精密さに感動する。 なんか肩が異常に張ってて、しかも足も疲れちゃったので、隅々までは見なかったのだけれど、なんとなく私は光琳よりも宗達が好きな気がするな。 凛としてるというか、シンプルだけど芯があって強さを感じさせるというか。 しかしさー、油絵と違って上から直したりしないわけでしょう。 どうしてあんなに上手に描けるんだろうか。。。 「たらし込み」技法で描いた牛、とかさー。 ○と線で描く人の絵すらうまく描けない者としては、まったく感嘆するばかり。 今までなんとなく琳派ってこういうもんだと、きものの柄を通して知っていただけだったけど、今回の大琳派展でだいぶ勉強になったわ。 草花の描き方とか、空間の使い方とか。 でもまあ、そんなことより美しいものを観るのが単純に楽しいだけなんだけどね。 そういえば、大沢在昌『黒の狩人(上・下)』読了。 登場人物たちの頭がキレすぎて、会話についていくのが大変 面白かったけど、ちょっと最後は不完全燃焼だなあ。 「新宿鮫」はもう書かないのかなあ・・・
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

keco0327

Author:keco0327
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。